【重要】今日から「大人の発達障害」について語っていきます【栗山葉湖の心が軽くなる365の言葉vol.2】74/365

おはようございます、
3分で1個心のブロック解除
マインドブロックバスターの
栗山葉湖(くりやまようこ)です。

サブコンシャス★トライブでわかる!
普通の人がチャンスをつかむ
潜在意識のチカラ


個別セッションに
▼▼▼今すぐお申し込みの方はこちらから▼▼▼
https://www.agentmail.jp/ln/10/3/10562/181078/180048/1/

スクリーンショット 2018-04-16 12.06.13.png

3分で1個心のブロック解除
マインドブロックバスターが
なぜ重宝されているのか?


サブコンシャス★トライブを
なぜこれだけ多くの方が
知りたいのか?



それは今、目の前の人との
コミュニケーションに
みなさんが悩んでいるからです。


あまりに膨大な資料を要する
「鑑定」の結果は素晴らしくても
今、目の前の人間関係に
即、答えを出してはくれないからです。


(いちいち相手に生年月日を尋ねて
分厚い資料を広げるのは
生のコミュニケーションでは
ありませんね)


マインドブロックバスターで
提案しているのは
「絶対に正しい」ことではなく
難しくなりがちな人間関係を
少しでも簡単に楽しく


そして決して小さくない役割が
「必要以上に傷つかない」
という効果です。


ささいなことに
傷つきすぎてしまう。


今の社会で問題になっているのが
そのささいな心の傷が
大きくなりすぎて
余計なネガティブを
生んでいることだと想います。


これからは心の専門家として
一歩踏み込んだご説明と提案を
していきます。


昨日の
サブコンシャス★トライブ大判定会でも
ご質問が出ましたので

32336916_1764325383613417_640955969790017536_n.jpg

そろそろ避けて通れなくなってきた
発達障害について言及しましょう。

20年間の教師生活の中で
後半6年間は
特別支援学校の教員でした。


障害児教育の免許も持っていますので
異動前から何年も勉強をしています。

 

特別支援教育の現場にいたことと
夫と次男も
日常生活では困らない程度の
発達障害をもっていますので

生活の中での発達障害については
理解と対応の引き出しがあります。



わかりやすく、を心がけて
説明しますので
「そんな表現していいの?」と
想われる箇所があるかもしれませんが


ぼかして書くことで余計に
わからなくなりますので
一般的にわかりやすい表現で
書かせていただきます。


【大人の発達障害と
心のブロック解除】



今、注目されている
コミュニケーションがうまくいかない
(コミュ障とか言ったりしますね)
原因のひとつに


「大人の発達障害」があります。


これは大人になって
急に発達障害になったのではなく

大人になるまで本人と
周囲が見逃してしまうほど
軽微だったのです。


発達障害は脳の機能的な障害なので
気をつけたり治療をすれば
「治癒」するものではありません。



生涯ともに生きていく「個性」です。


マインドブロックバスターとしての
私も関わってきていますが


心のブロック解除
マインドブロックバスターに
ひかれてくる人の中には

 

・アスペルガー症候群
・ADD(注意欠陥障害)

の傾向がある方が見受けられます。


なぜ大人になるまで
見逃されてしまうのか?
と言いますと

知的障害があると
学校レベルで困るので
幼少期にわかりやすいのです。


しかしここで取り上げているのは
学校の勉強では支援教育が必要にならない
知的障害ではないケースです。


知的障害がないと学校生活では
多少の人間関係のいざこざがあっても
年齢とともに周りが
スルーする術を身につけたり

「変わった個性」とかで
居場所を作れたりして
気づかれづらいので


本人も親も先生もお友達も
「発達障害」と思わずに
成長しています。

セッションを受ける
講座を受講する

なども

 

通常の知的レベル
(普通にある程度の
バリエーションのある会話に
ついてこれる)があり

会社に勤めるなど経済活動をして
受講料が用意できないと習えないので
そのくらいはできる人たちなのです。

中には有名な学校を出ていらしたり
大きな会社にお勤めで
稼いでいらっしゃる方もいます。

日常生活では社会的に
大きく迷惑をかけていないのですが
個人的には困り感を
抱えています。



大人として会社で
一緒にチームを組んで働くと
同僚としてうまくいかない
ケースを抱えたりします。


退職をして引きこもっていない人は
おおむね
周囲のフォローもあり
なんとかなっている状態です。


たとえば
アスペルガーの人は
気持ちが高ぶりやすいです。


知的にはとても高くて
情報収集を徹底してやりますので
むしろ一般の人より
知識豊富でもあります。

特に何か特定の分野で
突出して詳しくなります。


本人のこだわりが
非常に強いため

自分が得意だったり
なんとしても伝えたい!と盛り上がると
相手にとっては押し付けがましく
対応に困るような
大量のメールを
何回も送信することがあります。

 

これ、SNSを使う人が
多くなったため
露呈しやすくなりました。

アスペルガーとADDの人は
宇宙人トライブに多いですが、

アスペは外国人トライブにも
出ていることがあります。
自説弾丸トークの人がいたら
その傾向です。


ADD(注意欠陥障害)は
「片付けられない人」で
注目されました



何かしている最中に
他のものが目に入ったり
他のことをふと気付いたり思い浮かべると
今度はそちらへ向かっていってしまい


あちこちに
「やりかけの山」を作って

放置していってしまう
傾向です。



アスペ、ADDともに
日常生活に差し支えると
「障害では?」と自分も周囲も
考え始めるのですが


そこまででない、
特定の場面だけ困る、
程度だと


本人も「障害」を疑ったりしませんし
まだこの「大人の発達障害」への
知識・理解も広まっていないので
ただの「やっかいな人」としか
思われてません。


むしろアスペの人は
「相手がバカ」と思いがちなので
お互いに悪感情を持ったまま
誤解を抱いたまま
苦しい、負の人間関係を
継続してしまっています。


あなたが「困っている」
「いやだ」と想っている相手は
もしかしたら
「大人の発達障害」
かもしれません。


まだまだ
「大人の発達障害」と
コミュニケーション


サブコンシャス★トライブと
心のブロック解除について
お伝えしていきますので
お付き合いくださいね。


サブコンシャス★トライブでわかる!
普通の人がチャンスをつかむ
潜在意識のチカラ

スクリーンショット 2018-04-02 12.23.55.png
も・し・も
まだ読んでない

ダウンロードしたファイルが
どっかいっちゃった・・・

そんな方は
▼▼▼こちらから
どうぞお受け取りください!!!▼▼▼

https://www.agentmail.jp/ln/10/3/10425/180351/180048/1/

 

【3分で1個心のブロック解除】マインドブロックバスター栗山葉湖の読むだけで心が軽くなる365の言葉 無料メルマガの登録はこちら!