◆マインドブロックバスターで人生が変わった人って何がどのくらい変わったのですか?【栗山葉湖の心が軽くなる365の言葉vol.3】184/365

おはようございます、
3分で1個心のブロック解除
マインドブロックバスターの

栗山葉湖(くりやまようこ)です。



お盆休みだと
東京へ来るのはかえって安いんだそうです。


昨日から東海地方、中国地方の方をお迎えして
マインドブロックバスター養成講座

68280274_2480431368669478_1363947790618591232_n.jpg

「こんなに大変な状況だったのに
こんなに変化した人がいるんですよ」
の話題で


北海道は札幌の
空とぶペンギン校
インストラクター 
小林真樹子さん
をご紹介しました。



以前に彼女自身のビフォーアフターを
ストーリーで書いてくださったのです。



今は全国を楽しく飛び回っています。
(右が小林真樹子さん)

50512695_2312494048985543_1249572128626311168_o.jpg

今日は「壮絶な過去」ビフォー編を
ご紹介しますね。


******************


私は変な子どもでした。

 

保育園の頃から、
気がつくと周りと違う
ということが多かったのですが

 

はっきりとそれを自覚し始めたのは、
小学生の頃だったような気がします。


例えば、
ウサギ小屋でほぼ1日過ごしたり
休み時間に本を読み始めて
気が付いたら放課後だったり


登校途中に学校に行くことを
忘れてしまったり・・・


世間一般で言うところの
「普通の子」の枠に
全く当てはまらない子どもだったので

 

小学3年生の担任に
「この子は障害児学級に入れた方が良い」
とも言われたそうです。

 

当然のように
小学校からいじめの対象として
孤立していた私は

 

そのまま中学校にあがり、
さらに高校へと進んでも
「疎外されている変な子ども」のまま、
私の何が悪いんだろう?と
悩み続けていました。

 

当時、校内暴力や
荒れる学校ということが
社会問題になっていく中で

 

病弱で不登校という鎧で
自分を守っていたんだと思います。

 

大人になり、
幼稚園教諭として勤め始めても、
私はまだ変な人のままでした。

 


ご存じない方も多いと思いますが、
幼稚園というのは縦社会です。


特に私の勤めた幼稚園は、
上の先生が言うことには
絶対に服従することが求められ、
さらに女と女の闘いが
日常茶飯事の、

大奥のようなところでした。

 

普通の人間としても
やっていけなかった私が、
そんな大奥のような
女の職場でやっていけるはずもなく・・・

 

精神と神経の病気で
立つこともできなくなりました。

 

ほぼ廃人のような状態で仕事を辞め、
2年間は死んだほうが良かったと
思う状態で過ごしました。

 

社会復帰した後、
資格を持っているので
様々な保育関係の仕事もしましたが、
また倒れるのではないか?


年度の途中で仕事を離れ
子ども達に不安を与えるのでは?
という心配から、
幼稚園に戻ることはできませんでした。

 

そして、この頃から
「子どもができない」という
悩みも加わります。

 

私自身が4人姉妹だったので、
「子どもはあたりまえにできるもの」
と思っていました。

 

子どもができない・・・
自分がお母さんになれない
子どもがいない人生は、
想像もしていませんでした。


子どもが好きで
保育の仕事についたくらいです。


保育の仕事をしていると、
周りは全員子どもを生んでいるママです。


不妊という言葉は知っていても、
私がそうだということを
認めることはとてもつらいことでした。


子どものできない私は
役立たずでいらない存在だと思いこみ、


周りの「普通に子どもを産んでいる」
ママ達が羨ましい、妬ましい、
憎くてたまらず


保育士としては
ママに寄り添う気持ちが
必要だと思いながらも

 

女として産めない存在という
劣等感や敗北感を持て余し・・・
私なんかいらない人間なのに
なぜ死ねないんだろう?と
毎日思っていました。


だんだんと
保育士として仕事をすることもつらくなり
かといって仕事をしなければ、
収入がない・・・


身体の不調もどんどん酷くなり、
月の半分は起き上がることの
できない生活をしてながら、
死ぬことばかり考えていました。


このまま生きていても、
この先何もない
仕事を休んだり寝込んだり
人に迷惑をかけているのだから


それならいっそ、もう死にたい

 

身体のつらさをどうにかしたいと、
様々な病院にも行きました。


毎月、検査で血を取り、
管を入れ、薬を大量に服用し


それでも痛い・痒い・苦しい
といった症状は治まらず、


食べることができないので
点滴をし、
身体の痛みはあたりまえ
いきなり意識を失って
倒れるような毎日を過ごしていました。


いっそ癌なら死ねるのに・・・


癌で闘病している方に
失礼だとは思いますが、
当時の私は本気で
癌のほうがマシと思っていました。


***************

今、彼女を知る私からは
過去「毎日死にたいと
想っていました」と

聞いたことはあったのですが


それほどまでに
つらかったのか、ということは
わかっていませんでした。


今の元気で
いつも明るく



その後、
普通はなかなか行かない
南極にまで行ってきた
(野生のペンギンを見たい!
という夢を叶えました)


そんなまきちゃんからは
想像もつかない


大変な日々を過ごしていたことを
これで読んで驚きました。


はっきりした
「病気」でなくても


死にたいほどつらい日々を
送っている人は

日本中にどれほど
いるんだろう・・・


まきちゃんの体験が誰かの
ともし火になればと
想うのです。


アフター編は次号に続きます!


***さあ、今年のお盆は
東京ビッグサイトへ!***


一般社団法人
日本マインドブロックバスター協会は


8月17日(土)
8月18日(日)の2日間


東京ビッグサイトにて
開催される
東京癒しフェアに出展です!


公式サイト>>>
https://www.a-advice.com/tokyo_2019/

スクリーンショット 2019-08-07 6.15.54.png

叶姉妹、冨永愛さん、はるな愛さんらも
ご出演

スクリーンショット 2019-08-08 5.51.47.png

今年の講演は
8月17日(土)
14:15〜15:15にて
フロアでの講演があります。

今年はマスターインストラクターの
アモーレ麻衣子さんが満を持しての
初登壇!

10321192_541961299237220_3550674200341384489_o.jpg

みなさん、お見逃しなくざますよ〜。

たくさんの方のご来場
お待ちしていますね!

東京癒しフェア

マインドブロックバスターに触れて
心のブロック解除を
たくさんしてください!


3分でわかる!
サブコンシャス★トライブで判定
「わたしがしあわせに
なれる彼はどの人?」

占いでは解明されない、
運命の彼の見つけ方

%%%_LINK_11676_%%%

スクリーンショット 2018-07-03 7.13.48.png


最新情報もあますところなく
お伝えしますので
どうぞお楽しみに!

【3分で1個心のブロック解除】マインドブロックバスター栗山葉湖の読むだけで心が軽くなる365の言葉 無料メルマガの登録はこちら!